終わりの始まり

皆様、お疲れ様です。小林です。

本日を持ちましてフィン第一章は幕を閉じることとなりました。

今日という日を迎えられたことを心から感謝しています。

この想いは簡単に語りつくせないので 次のお店でお返ししていきたいと思っています。

 

思い出のいっぱいつまったお店を整理し始めて、

オープン当初「つり銭が不足しています」という立て札をもったおサルさんの

懐かしい品が出てきたりと想いは尽きません。

 

この第一章での皆様との出会いを大切にし、

これから始まるフィン第二章に挑みたいと思っています。

では お会いできる日を楽しみにしております。

・・・・fin