新属ミクラカンティクス

こんばんは 店長の小林です。

本日はクリエイティブアクアリウムのカツさんブリードを

ご紹介いたします。

それは凄い種でありまして、新属新種で世界最小のプレコといわれプレコファン必見です。

日本未入荷の種を手に入れること自体至難の業ですが、それを入手し繁殖させるカツさんの技術と熱に脱帽します。

では Micracanthicus vandragti CAブリードです。

どうぞご覧くださいませ ↓

 

① ミクラカンティクス バンドラグティ CAブリード 3~3.3cm程度 ¥19800  

ミクラカンティクスの採集地はベネズエラのVentuari River 等のオリノコ水系で、ミクラカンティクス属は属名のとおり小さい意味をさし、種名はカルビン大学の生物学者ランディ バン ドラクト教授が由来のようです。

最大サイズが4cm強であり現時点では世界最小のプレコと考えられます。その根拠は、驚きの3cm台でクリエイティブアクアリウム、カツ氏の手によって繁殖がなされたことです。

ちなみに、似た種として現在 コロンビア便にてファンシースポットが輸入されておりますが、そちらはヒパンキストルス属であり、また7cm程に成長しスポットが黄色いので別種です。

個人的にもヒパンキストルス属にも似ますが、吻部の形やスポットの入り方からスペクトラカンティクス属に近い印象もうけ新属は納得です。

では貴重な新種を思う存分堪能ください ↓

 

 

頭部が扁平で吻部が長めである

 

シャキッとしたスポットはプラチナに輝く

 

リリースは5匹です ↓

 

こんなお子様サイズなのに、子取りが出来るなんて不思議

 

顔のアップもお楽しみください ↓

 

日本ではここ数年、野生採集され輸入されたプレコの人気は右肩下がりです。

そんな中、世界的にはこういった野生プレコをブリードする熱い世界が存在し、日夜活発な討論が繰り広げられているようです。

このような新種を当店にリリースしてくださり世に出すことが出来たことを、クリエイティブアクアリウム カツ氏に御礼申し上げます。

また極小で親となり繁殖に至る証明までされたことは、素晴らしいことと思います。

 

この貴重な種の飼育を楽しんでみたい方、ご注文をお待ちしております。

アクアショップフィン 小林 圭