※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

シンプレックス!

こんばんは 小林です。

本日は南米ナマズの人気種、タティアの仲間を紹介します。

そしてタティアの仲間でもいちにを争う人気もの。

では ご覧くださいませ ↓

 

① タティア シンプレックス リオトカンチンス 8~9.5cm ¥14800  ブラジルのトカンチンス河で採集された珍種のタティアで、現在日本ではこちらのタイプをシンプレックス種としております。ただ断定は出来ませんが、学術的にはCentromochlus schultziのトカンチンス産と思われ、シングーのバイオレットブルータティアに黄色をのせたような種類です。雌雄がこのサイズになってもわかり難いのですが、シリビレの根本や体型をみてなんとなくで雌雄は書いてあります。ただあくまでも目安でお願い致します。限定6匹 。

 

No1  9.5cm ♂っぽい雰囲気 ↓

 

No2  8.5cm ♀っぽい雰囲気 ↓

 

No3  9.0cm ♂っぽい雰囲気 ↓

 

No4  8.5cm ♂っぽい雰囲気 ↓

 

No5  8.0cm ♀っぽい雰囲気 ↓

 

No6  8.5cm ♀っぽい雰囲気 ↓

 

ご覧いただきましてありがとうございます。

ブルーの綺麗な個体がオスで 黄色味が強い個体がメスなのかな・・・?

とにかく貴重な種類になりますので、繁殖を目指す方の

ご注文お待ちしています。

フィン 小林