※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

83’SのWild Line

こんばんは 店長の小林です。

本日はヒパンキストルスブリードの先駆者、83ブリードをご紹介します。

シングー河中下流域で採集されるといわれるホワイトロイヤルの子ども達のリリースです。

しかも彼のコレクション。

以前アップしたキングダップルドWF2もあわせてご覧ください ↓

 

① ロイヤルメガクラウンゼブラ ポルトデモズ F1 83’Sブリード 

オス親:Wildロイヤルゼブラ 初期ロット

メス親:Wildホワイトロイヤルゼブラ 初期ロット

 シングー河口の町ポルトデモズに集積され始め、W.B.SABBYより最も初期に輸入された ロイヤルゼブラとホワイトロイヤル達の子どもです。また彼が最後まで残していたコレクション個体でもあります。良いWild個体にあてるもよし、KOHやシロちゃんのワイルドLineとコラボするもよし。または、ブリーダーズキンペコにワイルドの血を入れたい方にもオススメです。さてこの3匹は父親の血を強くひいたようで、純血のロイヤルゼブラ系の極上表現をしており青白い地色が次世代に遺伝すると考えられます ↓

No1  6.3cm   Sold Out    メガクラウンゼブラと見間違う個体。この血は貴重です ↓

 

No2  6.3cm   Sold Out    白い面積が多く背びれの柄がスポット状で珍しい ↓

 

No3  7.1cm   ¥29800    Wildの極上個体?といえそうな子。メス? ↓

 

 

② ホワイトメガクラウンゼブラ ポルトデモズ F1 83’Sブリード 

オス親:Wildロイヤルゼブラ 初期ロット

メス親:Wildホワイトロイヤルゼブラ 初期ロット

 上記のロイヤルメガクラウンゼブラ3匹と兄弟ですが、見た感じが全く異なります。母親の血を強くひいたようで、純血の極上ホワイトロイヤルゼブラ系の表現をしており白の質が上の3匹とは異なります ↓

No4  7.2cm   ¥39800    CF血統の基になったことがわかります。メス? ↓

 

 

③ キングダップルド F2 83’Sブリード 5~6cm 野生採集されたキングダップルドのF2で以前アップした個体です。本種はシングー河中流の町、ベロモンテ周辺の深場で採集される。この3匹も83のコレクション個体です ↓

No1  5.1cm   ¥19800 変な柄です ↓

kingdupplewf283006-3

kingdupplewf283006-2kingdupplewf283006-1

 

No2  5.2cm ¥12800 現在は若干柄が変化しています ↓

kingdupplewf283005-1kingdupplewf283005-2

 

No3  5cm ¥12800 尾びれが惜しい ↓

kingdupplewf283004-1kingdupplewf283004-2

 

いかがでしたか?

数年前はそれほど気に止める方がいなかったワイルドラインのカテゴリー。

しかしここ最近の人気は上り調子です。

お・は・や・め・に!

フィン 小林