※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

思い出の水槽

こんばんは 店長の小林です。

旧店舗から引っ越してきてそろそろ一年になります。

旧店舗には以前にも触れましたが 色々なサイズのラブピーがあり、( 当事のブログはこちら 

 

なかでもヒパンキ好きの方ならご存知であろう、

第一系統と第二系統と呼んでいた多段OF水槽がありました。

【1800 3段式オーバーフロー水槽 第一系統】 ↓

fin40-1

 

【1500 3段式オーバーフロー水槽 第二系統】 ↓

fin28

 

僕はこの2本を用いてヒパンキ等をブリードし、生まれてきた子供を販売していた

オーバーフロー3段式水槽です ↓

 

移転に伴い第一系統水槽は残し、現在は新店舗の育成室にて旧第一系統と呼び使用し、↓

 

その対面に新しく新調した1800の3段を

新第一系統と呼び、その2本で色々な実験を行いながら繁殖に取り組んでいます ↓

 

さて、旧店舗で使っていた第二系統は?といいますと

一年の間、ばらして新店舗にて保管しておりました。

そしてこの度、わたくしK.コバヤ~シ(笑)のファミリーのひとりである

いつかはトップブリーダー!チャム ちゃんによって台はバッキバキにリメイクされ ↓

 

遂にどこぞで復活し継承されました ↓

 

旧店舗のただの多段水槽でしたが、愛好家の方達に

いっぱい穴が開くほど眺められ(笑)、そこで生まれたヒパンキ達が

語られ愛されたラブピーが第二系統でした・・・。

 

ただの水槽に名がつき、これほどまでに知られ楽しまれたオーバーフロー水槽など

水族館ならまだしも、今までどこにも無かったのではないかと思います。

人工物なのですが水槽冥利に尽きるのではないでしょうか。

そのことを、愛好家の皆様に、そして特にフィン第二系統と呼ばれるヒパンキを愛する方達にお伝えしておきたいと思います。

 

この旧店舗の第二系統の中段にはCF血統直系のオスが3匹(後に石垣島の錦さん宅へ)

そしてフィンメガ血統のメス6匹を用いて3セットでブリードし、

生まれてきた子供達をフィン第二系統と呼び販売していました。

 

 

さて最近見た、黒猫Felixのブログ ⇒ 白と黒のリズム

で話題にされていたCF血統。今回の第二系統を作りなおしながら当時を少し思い出し懐かしくなったのでちょっと他愛もない話ですがお付き合いください。

CFとは、僕がとてもお世話になっていた方の名を、英語読みに変形させてその頭文字をとって僕が名づけたヒパンキストルスブリーダーさんです。そのCFさんが繁殖させた全ての個体を、CFさんの引退時に僕が全てを託され、その当時CF血統と呼びはじめました。あとでごちゃごちゃしないようにと、わかりやすくするため その初めのCF血統オリジナルのプレコ達をCF血統直系と呼び、特別なものとして区別していました。(第一エースや第二エース、サスライの親、プシケの親、錦さんちのCF血統など、他にもまだ現存する子はいるでしょうが、僕的にこういった血のもの達を直系と読んでいます。)

このCF血統のオリジナル達は当時日本全国にちらばっていきました。そして知らず知らずのうちに、色々な血統のキンペコ達と交わり現在のヒパンキ界の礎の一部になっていることだろうと思います。FelixのブログでCFさんのことを思いだし、当時のキンペコ界が初々しい時代であったなあと懐かしくなった次第です。

今回、作成されてから10年以上たった第二系統や、何もないところから世に生まれ出たCF血統といった名が、今でも色あせず愛好家さんたちの心の中で生きていること、とても嬉しく思います。これからもそいうった誠のものを大切にし皆様に楽しんでいただけるよう頑張ろうと思います

CFLine愛好会の一人