帰ってきた! 83’S

こんばんは 小林です。

さて 83 ときいてピンと来た方は、古いキンペコマニアさんであろうか・・・。

83 と書いて僕はハッサンと呼んでいます。(ホンマはやっさんですが・・・)。

ブリーダー83氏は中部地方のウルトラマニアです。

彼はヒパンキストルス属等のブリーダーでもあり、また野生採集個体についての知識は国内トップであろう。

ということで、他の者の追随を許さない誰もが認める、ブッチギリのイッチャッテル方でございます(笑)

 

さてこの度、長い時間をかけてチーム83’Sとなってフィンに復帰してくれました。

ヒパンキストルス属のワイルド達を、キンペコブリーダーの精鋭たちが一丸となってブリードし、累代飼育を試みる団体です。(といっても、ただのプレコ大好き仲間の集まりです)

第一弾は、トリプルハイブリッドを3匹のみご紹介いたします。

では どうぞ ↓

 

① スーパーインペリアルダップルドゼブラ 83’Sブリード トリプルハイブリッド 4.7~5.5cm ¥29800~¥39800  野生採集個体のキングロイヤルWF1、ワイルドスーパーインペリアルゼブラ、ワイルドニューインペリアルダップルドの3種の混血となります。これ、野生下でもありえる関係を人的に作ってみたもので、やってみること自体凄いことだと思います。先ずわかり安いように血統図を ↓

1、血統図

.                                      祖父 : WildF1キングロイヤル

.             父親 : スーパーインペリアルゼブラVar →

.                                      祖母 : Wildスーパーインペ

.  トリプルハイブリッド→ ↓

.             母親 : Wildニューインペリアルダップルド

 

2、血統画像

祖父はこちらのWildF1キングロイヤルです ↓

SuperInperialDappuld83GFather001-3SuperInperialDappuld83GFather001-1

 

祖母はこちらのWildスーパーインペリアルゼブラです ↓

SuperInperialDappuld83GMother001-1SuperInperialDappuld83GMother001-2

 

上記両親から生まれたのが、今回のトリプルハイブリッドの父親です。スーパーインペリアルゼブラVar(バリエーション)としておきます(詳しくは近いうちに) ↓

SuperInperialDappuld83Father001-1

画像無しですが、母親は普通のニューインペリアルダップルドになります。

 

No1 5.5cm ¥29800  この個体、キンペコ寄りで 母親であるニューインペリアルダップルドの面影をそれほど受け継いでいないようです。極々稀にキングゼブラに混じってこのような個体が現地シングーから輸入されていたことがある。背鰭がおかしい!キングゼブラのような透明感があるもののスーパーインペ的に乱れ、体色が少し黄色いことが面白い ↓

SuperInperialDappuld83001-2

SuperInperialDappuld83001-3SuperInperialDappuld83001-1

 

No2 5.3cm ¥39800  それほどキンペコのニオイがしない。体型はニューインペリアルダップルドに近いが、柄はそうでもない。まさにこれは、極短い期間に輸入されたことがあるキングゼブラのクイーンダップルド系種ではないか! 個人的にかなり驚いております。ワイルドを使用し繁殖を試みることによって、今まで輸入されていた野生種の謎が少し解明されたと考えられます ↓

SuperInperialDappuld83002-2

SuperInperialDappuld83002-1SuperInperialDappuld83002-3

 

こちらはその昔、キングゼブラとして輸入された個体です。

キングゼブラ16

キングゼブラ75-2

 

 

No3 4.7cm ¥39800  ニューインペリアルダップルドの血が濃く感じられるが、スーパーインペの血も感じられます。こちらも野生採集個体で入荷していたクイーンダップルドゼブラによく似ています。 ↓

SuperInperialDappuld83003-2

SuperInperialDappuld83003-1SuperInperialDappuld83003-3

 

体色はピンクではないが、柄がよく似る野生個体

クイーンメガクラウンゼブラ7-4クイーンダップルドゼブラ33-1

 

いかがでしたか?

現在、国内ではメガクラウンゼブラやスーパーインペがもてはやされ、色々な血統を用いることによって日々凄い個体や品種が作出されているキンペコの世界。

そのなかで路線は違えどこんな趣味もある。

誰になんと言われても、好きなことをやり続けるしつこさ(笑)

やっと時代が83に追いついてきたのでしょうかね。

アクアショップフィン 店長 小林 圭