※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

純国産八重山クロレラの碧

こんばんは 店長の小林です。

当店のプレコ達の主食は先日ブログにて紹介したデルフレッシュフードです。

そしてもう一つある主食が今回ご紹介するクロレラです ↓

 

うちのブリーディングルームのキンペコ達は、試験的に色々な餌を食べています。

そのなかでも、やはりデルフレッシュフードとクロレラの使用頻度が高い。

 

石垣島の錦さん家に行くまでは、中国産のクロレラあげていました。

しかし・・・石垣島で国産高級クロレラに出会ってしまいました

以前のブログはこちら → 太陽の恵み!碧

 

特徴

ヤエヤマクロレラは、ミネラル分の多い清浄な水、澄みきった空気、亜熱帯の太陽、クロレラ培養に理想的な環境の下、屋外天然培養にこだわった高度な生産技術によって作られた高品質な国産高級クロレラです。製造元は石垣島の八重山殖産株式会社(現在はユーグレナ)で、粒の形状はご覧の通りで直系が8mmほどです。

ワタクシも、ちゃ~んと錦さん家で味も確認済みですから→ 太陽の恵み!碧

おススメいたします。熱帯魚達に!

プレコやオトシンはもちろん大好きですが、カラシンの一部やアピストなどもほおばります。

 

ちなみにこのクロレラは人間様の健康補助食品なのですが、熱帯魚には主食としても良いようで、某ヒパンキブリーダーさんはインペの親と子供を、碧とマジックリーフのみで育て上げられております。

例:カラシンの仲間、クリマトプシス(以前のブログから) ↓

Kurorera2

 

 

例:キンペコベビー(プシケ白い3連星×Wildメガ)

クロレラ数個をおとしてあげると最初は子供たちが1匹・・2匹と集まり ↓

それからはもうこのとおり ↓

 

お父さんは警戒心が高いので見てると出てこないですが、子どもの食べっぷりを満足に思っているでしょう ↓

 

 

例:キンペコベビー(ハニカム第一エースの子×第一エースの子リアル)

こちらも最初は鼻の効く子から集まりはじめ ↓

もうここからは押し合いへし合い ↓

最後はこんな感じに ↓

 

それを尻から見ているお父さんも満足そう ↓

 

 

クロレラの長所

① 食の細いインペやその子供も好んで食べます

② 溶けやすくプレコのベビー等が食べやすい

③ キンペコだけでなく、あらゆるプレコの食いつきが良い

④ 植物性タンパク質を80%以上含み、混ぜ物が少なく太り難い

⑤ 水槽内で不足しがちなビタミン、ミネラル等を口から取り込むことが出来る

⑥ 飼育魚の体色が鮮やかに

 

クロレラの短所

① 飼育水が富栄養化傾向になるため濾過槽が汚れやすくなる。

② キンペコ等の白い色彩が黄色くなることもあるようです。

 

 

さて フィンではこの純国産クロレラ を「碧」(みどり)と名づけて3規格を販売しております ↓

 

① ヤエヤマクロレラ 碧 小ボトル 30g 約150錠 ¥600

お試し用の小ボトルです。先ずは初めて御使用になられる方に。食いつきの確認や小数飼育の方に良い量だと思います。一日3~5粒を使用される方の一ヶ月ぶんです。 ↓

 

② ヤエヤマクロレラ 碧 中ボトル 150g 約750錠 ¥1980

中ボトルは約750錠ほどはいっています。小ボトルではすぐに無くなってしまう方に、つまり少しディープなマニア様におススメです。ちなみに当店の育成室では一日200粒ほどあげる日もあり、最近はクロレラを主食にする日もあります ↓

 

③ ヤエヤマクロレラ 碧 大ボトル 320g 約1600錠 ¥3500

大ボトルは約1500錠ほどはいっています。このサイズを購入される方も多い。あらゆる熱帯魚を飼育されている愛好家におススメ。

 

ロットナンバーと賞味期限はボトルに手書きにて記していますのでご参考まで。

乾燥剤をいれておりますが出来るだけお早めにお使いください ↓

 

お魚との同梱でお送りすることも、碧を単独でお送りすることも出来ます。

お気軽にお申しつけくださいませ。

アクアショップフィン 小林 圭