※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

デルフレッシュフード

こんばんは 店長の小林です。

最近熱帯魚を飼い始めた愛好家さんや、キンペコを始められたマニアさんから、

よくあるご質問が「どんな餌を魚達にあげてるんですか?」

というものです。

3年ほど前ですが、このハッピーブログにてキンペコの餌をご紹介いたしました。

( 前回のブログはコチラ → キンペコの餌 fin流

当店でストックしている魚達の主食は、こちらのデルフレッシュフードです ↓

 

本日はもう一度こちらの詳細をご紹介いたします。

(個人的な感想ですので予めご了承ください)

 

プレコを飼い始めた20年以上前はプレコ専用フードやきゅうり等をあげるようにと雑誌や専門紙では説明されてあり、試すのですがどれも良いとはいえない・・・

そこで色んな人工飼料をワイルドのプレコ達に試しました。

キャットフード、コリドラスフード、ディスカスフード、シクリッドフード、ドジョウの餌、鯉の餌・・・・

どれも悪くないのですが一長一短あり、なかなか自分?にあったものが見つからなかったのですが、テトラ社のディスカスの主食(色揚げ用よりも主食をおススメ)とランチュウベビーゴールドにその頃は落ち着きました。

以前にも書きましたが、「 色々試した中で結論から言いますと、たんぱく質の量が多く消化吸収率の高いものがいいと感じました。高級な魚、例えばランチュウ専用フードやディスカス専用フードが個人的には好結果です 」

ということで、ディスカスの主食やキョーリンのエサに落ち着いた次第です。(現在はヒカリ菌がはいっていたり優れています。)

ただ こちらもかなり浮いてしまったり、糞が多くて水が汚れるといった短所があり 納得ができず他を探していたところ、デルフレッシュフードに出合いました。

 

(デルフレッシュフードについて)

内容の詳細はボトルの裏に表示されております ↓

 

良いことが多く書かれていますが、ワタクシ的な感想としては・・・

 

長所

① 粗たんぱく質が52%以上で、高品質な材料を厳選して使用している。たんぱく質の量が多いことも重要なのですが、その質も大切であり食いつきがとても良く感じます。

② 水槽内では不足しがちなビタミン・ミネラルを強化配合し、また強い身体をつくるためニンニクエキス・天然海藻成分も配合されており、魚達の食いつきがとても良い。

③ 混ぜ物がすくないせいか、ぶくぶくに太らず綺麗に育っています。

④ 消化活性菌が配合されているおかげか、消化吸収が良いようで糞が少なく水質悪化が遅い気がします。

⑤ 吸収率がいいせいか、餌の量が少なめでも状態良く成長しています。

 

以上のように長所が多いのですが短所もあります ↓

短所

1.高価

2.Sサイズ、SMサイズは浮きやすいので、水面を叩きながらあげる必要がある

 

このようにコストはかかりますが、パフォーマンスが高いと思いまして、

フィンでは繁殖を狙っているキンペコ達以外にも、全ての熱帯魚にあげています。小型美魚や小型テトラ、中型カラシンは言うに及ばず、コリドラスやナマズ達にも大好評です。

 

finの商品ラインナップ(税込)

① デルフレッシュフード Jrパック 12g 398円 (Sサイズ、SMサイズのみ)

② デルフレッシュフード 50g    1280円 (Sサイズ、SMサイズ在庫)

③ デルフレッシュフード 150g    2640円 (各サイズ在庫)

④ デルフレッシュフード 1kg  12960円 (各サイズ在庫)

 

魚のサイズに合わせて、粒の大きさがSサイズ:SMサイズ:Mサイズと3サイズが揃います。現在は多くのキンペコブリーダーさんにとってマストアイテムとなっています。また熱帯魚愛好家の方で餌にこだわる方にとても好評です。

 

デルフレッシュフード 50g   1280円 (Sサイズ、SMサイズ在庫)↓

 

デルフレッシュフード 150g   2640円 (各サイズ在庫)

 

お試し用にJrパック・・・

デルフレッシュフード Jrパック 12g  398円 (Sサイズ、SMサイズのみ)

 

そしておさかなの赤ちゃんのえさもあります。

finのキンペコのベイビー達はこちらをよく食べます ↓

赤ちゃんのエサ パウダー 15g  398円

赤ちゃんのエサ パウダー 250g  3240円

 

デルフレッシュフードは発送も承っております。

ご近所で手に入らない方は魚と一緒に同梱で送れます

また送料がかかってしまいますが 餌等の熱帯魚用品だけでも発送いたしますので、お気軽に申しつけください。

では ご注文お待ちしております。

 

次回は フィンで使用頻度の高い餌のもうひとつ クロレラをご紹介します

フィン 小林