※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

日本初!拝んでください

こんばんは 店長の小林です。

冒頭から変な題名でございますが・・・・・

私を拝んで頂こうと思ってるわけではありません(笑)

 

この度、スーパーマニアの間では幻とまで言われたプレコの一属が、わがアクアショップフィンに入荷いたしました。

本属自体は1800年代後半に記載された古い仲間であり、マニア時代にはこの属の存在は知っておりました。

ただ、実物や画像を見たことが無く、どういったものなのかは想像するしかなかったプレコです。

たぶんカエルのような、ヘビのようなヘンテコリンな容姿なんだろうとは思っていましたが、まあ自分の生きてるうちはお店で彼らを拝むことが出来ないだろうと思っていました。

 

さて今回はそんななか、一番最近記載された種がブラジルから突然輸入された次第です。

その名は キングバイパープレコ!

採集チームが密かに狙っていたようです。

では 幻のプレコをご覧くださいませ ↓

 

① キングバイパープレコ リオルビン 25.5cm ¥98000 生息地は人間がサクッ!と流されるような急流だそうです(笑) そのためか彼らは生息域にあった体型をしております。スパングル属の様な平べったい流線型で、口が大きくとてつもない強力な力で吸い付くことができます。今まで出会ったプレコの中では吸着力は一番でしょうか・・・・。

柄は頭部から吻部にかけて唐草模様となり、同様に背びれは細かい唐草模様をなす。また体側の柄は鱗一つ一つの輪郭がわかるように根本が黒く、また外に向かって灰褐色となり立体的な質感を持つ。

わたくし個人的には、このグロテスクな表現には毒々しい感覚を覚えてしまいました。

生態等については今のところ不明な点が多いのですが、混泳水槽でも全く動じず のびのびされています(笑)↓

DeutlusBrevis001-10

当店初見のため、相当な違和感を受ける面構え!

DeutlusBrevis001-6

注目!! オスであろう、この毛羽立ったムナビレ ↓

DeutlusBrevis001-4

王蟲のような質感! ↓

DeutlusBrevis001-9

ユニークです ↓

DeutlusBrevis001-11

 

水槽に入れて撮影を試みました ↓

DeutlusBrevis001-1

DeutlusBrevis001-3

DeutlusBrevis001-2

 

いかがでしょうか。

このような幻のプレコに出会える喜び・・・至福の時を感謝いたします。

採集者、シッパー、輸入業者の皆様、誠にありがとうございました。

そして、こんな遠くにやってきてくれた君に感謝っ。

「ありがとう!!」

アクアショップフィン 代表 小林 圭

 

追伸

今回、学名等につきましては掲載しておりません。「調べてみる楽しさ」 というものも味わっていただきたく思いまして・・・。 では実物と店頭でお待ちしております