※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

久々にレアなあいつが・・・

こんばんは 店長の小林です。

昨日に引き続き、あいつが・・・シリーズの第二弾!

今日のブログもハッピーなブログです。

久々にあいつが・・・

 

プレコ好きのお家の本棚には、まず無いと思って間違いない本の一つが

こちらではないでしょうか? ↓

midnightdragontrim002-11

 

たぶんないと思うが、この本の250ページを開いてほしい。

そこには見たことあるような無いような、厳ついプレコが載ってます。 ↓

midnightdragontrim002-13

 

それはこちらのトリムプレコです ↓

midnightdragontrim002-12

 

ちなみに学名はこちらです ↓

midnightdragontrim002-14

 

ぱっと見はガリバープレコかと思うがよく見ると違い、晴らしいベルベットのような漆黒の黒光りした地色の持ち主です。

10年ほど前に日本人採集プライベート便が入荷しただけの激レア種。

さあ本日も昨日に引き続きスリナムのレアプレコをとくとご覧あれ!!

 

① スリナムミッドナイトドラゴントリム ( Pseudacanthicus  serratus ) 25cm ¥158000  スリナム便。記載は1840年と古いプレコで、スリナムやフレンチギアナで採集される。日本には過去において数匹が輸入されただけのレア種です。さて実物を見るととにかく黒い。黒さが半端ではなく、月のない真夜中のような凄みのある漆黒のボディを持つ。そこには、少しばかりの星も煌いている。そして特筆すべきはこの棘!ブラジルに見られるトリムプレコに比べ、棘が長めで鋭くてとても素手でさわれるような代物ではない。ではご覧ください ↓

midnightdragontrim002-4

midnightdragontrim002-5

 

斜めからもイカツイ! ↓

midnightdragontrim002-2

midnightdragontrim002-3

 

顔は扁平な特徴的な雰囲気で、細かな棘が密集する ↓

midnightdragontrim002-7

midnightdragontrim002-9

 

ボディの棘は鋭く聳え立つ。 ↓

midnightdragontrim002-8

 

2日間に渡り、スリナムから来たレアなプレコをご覧いただきました。

いかがでしたか?

 

南米にはまだ未開の河川があると考えられます。

まだまだ未知の種類が発見される可能性があり、ワクワクしてしまいます。

 

では 宜しくお願いいたします。

フィン 小林