※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

大原三千院

こんばんは 小林です。

ことしはタイミングが合わず花見を出来ずじまい。

でもその前に京都洛北方面、大原三千院をぶらぶらしてきました。

三千院は京都市中心部からはけっこうはなれているので、観光客の方が少なくのんびり出来ます。地下鉄国際会館から市バスに乗り継いで大原へ。

OOHARA1

先ずは寂光院へGo! ↓

OOHARA47

のどかな しそ畑の中を進むと

OOHARA48OOHARA50

平家物語ゆかりの寂光院が現れる ↓

OOHARA52OOHARA53

この寂光院は、平清盛の娘、建礼門院が安徳天皇を失った後、都に戻って出家し平家一門の冥福を祈りながら余生をすごした古刹。

OOHARA54

OOHARA55 OOHARA56

さて、寂光院から三千院に向かいます ↓

OOHARA51

 

三千院といえば、これみたい

きょうと~♪  お~はら さんぜんい~ん ♪

OOHARA3

かなり昔の歌だけど、なぜか知ってる。「女ひとり」っていう歌なんや・・・・ちょっと寂しい題やな。

それと大原といえばこれこれ しば漬けが有名なんです

OOHARA6

だからしそ畑がたくさんあるんだな。

さて、しば漬けを少しいただいたのが いけなかったのか、お腹がぎゅるぎゅる鳴り始めました。

頑張って、登りを急ぎます ↓

OOHARA7OOHARA9

「呂律がまわらない」の語源らしいが、先を急ぎます ↓

OOHARA10

OH~大原女!

OOHARA8

 

そうこうしているうちに、やっと とうちゃ~く!

OOHARA12

お高いお昼ご飯もあるようですが、今日はこちらでおいしくいただきました ↓

OOHARA13

 

ぷふ~。幸せな気持ちで三千院の門をくぐります ↓

OOHARA14

ここ三千院は最澄を開祖とする天台宗寺院で、苔むすお庭の中に ↓

OOHARA17OOHARA18

国宝の阿弥陀三尊像を納める往生極楽院が佇む ↓

OOHARA20

苔の種類が豊富で、色々な種類がありましたよ ↓

OOHARA39OOHARA40

OOHARA41OOHARA42

 

さて、この苔のなかには、可愛らしい わらべ地蔵さん達がいらっしゃいます ↓

OOHARA23OOHARA35

苔の間をよく見ると、ポツリポツリ丸っこい頭が・・・・ ↓

OOHARA22

 

仲良くしたはります ↓

OOHARA24

 

寝そべったはります(笑) ↓

OOHARA31

 

拝んだはります。見る角度で表情がまったく異なることに気づく ↓

OOHARA27

OOHARA29

 

笑ったはります(笑) ↓

OOHARA28

 

「わらべ地蔵さん、次は雪景色に会いにきます」

OOHARA34

 

秋の紅葉以外は それほど人も少ないとの事。

三千院、おススメです 小林

OOHARA36