※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

撮影用小型水槽

こんばんは 店長の小林で~す。

3月17日、今日の今頃はヘトヘトに疲れてもう寝ている頃だと思います。

というわけで、今日もお仕事はお休みをいただいております。

 

さて、時折お客様からコリドラスやプレコの撮影はどうやっているの?と聞かれることがあります。

極力、小型の水槽に移して1匹づつ撮影するようにしています。

この水槽は別注でして、このようなガラス水槽を作ってもらっています ↓

Satue2

左の水槽サイズは、外寸12cmのオールガラス水槽です。右側は外寸が10cmのオールガラス水槽です。

なにが別注だといいますと、水槽下部のシリコンの量が通常のものと違います。

通常は、水を出来るだけ多く入れて魚を飼うためのものなので、このように水槽下部のシリコンはしっかりとうたれています ↓

Satue4

ただこのようにシリコンが多いと、底付近の熱帯魚を個別撮影する際に、シリコンが写ってぼやけたり、またシリコンの汚れなどが気になってしまいます。

そこで 水槽屋さんに無理を言ってシリコン薄め水槽を作っていただきました。(作成過程がどうなのかわからないのですが、仕上げ時に手磨きしないといけないサイズらしく、非常に面倒だと言われました)

そして送ってきてくれた伝票には、しっかりとこのように書かれていました ↓

Satuei1

さてこのシリコン薄め水槽のシリコン量は本当に薄いものでした ↓

Satue3

撮影時にシリコン本体やその汚れをあまり気にせずに撮影できるので重宝しています。

さて価格は少々お高めなのですが、一応販売用のストックもあります。生体購入時に同梱もできますし、水槽のみでお送りすることも出来ます。まあ こんな水槽ご入用の方は、なかなかいらっしゃらないでしょうが(笑)

フィン 小林