※ブログの生体につきましては在庫がいない場合がございます。ショッピングにてご確認くださいませ

弘法さん

こんばんは 小林です。

先日の木曜日は待ちに待った21日の定休日でした。

京都の東寺では、毎月21日は弘法さんがあります。

弘法さんとは東寺で毎月21日に行われる弘法市。

1000件以上の業者さんが出店され、20万人程が訪れる800年も続く縁日です。

ということでお昼から東寺へ ↓

 

まずは弘法さまにお参りを ↓

 

この日は人が少なく、たくさんのお店をゆっくり見てまわれました ↓

 

小さい頃、近所のおっちゃんに連れてきてもらい、

ミドリガメを買ってもらった記憶がよみがえります。

骨董、焼き物、端切れ、ガラクタ、野菜、漬物、屋台等 所狭しと

なんでもあります。

 

しかし今ではこちらが気になります ↓

 

縁日特有の美味しい匂いにふらふら~っと引き寄せられながらも我慢 ↓

 

流れ着いた木で作られたアンティーク調の小物をひとつだけ買って ↓

 

のどから手が出そうな多肉植物は我慢して、東寺を後にしました ↓

 

毎月21日に縁日が行われるこの東寺は JR京都駅から徒歩10分ほどです。

21日に京都にこられた際はぜひ一度!

楽しいですよ。

小林

癒しの淡路

こんばんは 植物部部長の小林です。

先週、久々の快晴の日、思い立って淡路島までドライブしてきました。

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で開催中の

 

特別展 淡路夢舞台ラン展2018―公爵の華麗なる蘭のある暮らし

開催期間:2018年1月20日(土)~3月4日(日)

 

が目的です。

部長としてちょっとぐらい蘭のことも知っておこうとの思いですが、

せっかくの遠出なので 淡路の美味いもんも頂くことにしました。

 

前日に思い立ったので無理かな~って思っていましたが旅館の日帰りプランを予約できまして・・・

いざ淡路島へ!

 

京都から高速であっという間で、トンネル抜けたら明石海峡大橋です ↓

 

あの日本中が極寒の週とは思えない晴天でした ↓

 

高速を使い鳴門大橋近くの今回お世話になる旅館「うめ丸」さんへ ↓

京都から2時間あまりなのでちょうど良い距離と時間でした。

 

さて到着してすぐ・・・息つく暇なく早速

日帰りプランの「鯛活造りコース」を堪能することに。

ぴくぴくと活きの良い鯛の活造り ↓

その鯛を使った「鯛とさざえの宝楽焼き」 ↓

その他にも、アラ炊きや大きなエビの天麩羅、たまねぎ等と満足のお料理でした ↓

 

食後は当旅館の温泉に浸かれます。

露天風呂からは鳴門大橋が見えて最高の骨休めとなりました ↓

 

さて、せっかく鳴門まできたのに橋を渡らずに、

近くの道の駅で地元の食材を。

旅館で聞いたここ「福良マルシェ」に到着 ↓

 

凄いクレーンが立ち並んでいたり ↓

 

大きな船が停泊していたりと、不思議な世界 ↓

たまねぎやらワカメやらを買い込み目的地に向かいました。

 

 

植物館は淡路夢舞台国際会議場に併設されており、駐車場はウェスティンホテル淡路に止めて少し歩きます。

 

斬新な建造物の中を抜けていくと、目的地です ↓

 

お~やってるやってる蘭展 ↓

 

早速入館 ↓

 

エスカレーターで2Fにあがり、難しいことはさておいて ↓

 

まずは上からの見晴らしです ↓

 

これまた斬新な温室で、こんな長い回廊を進んでから1Fに降りる演出は見事 ↓

 

「うわ~これ可愛いやん!」

 

さて、1Fに降りてみると・・・

僕好みのユニークな多肉植物達に遭遇しました ↓

 

これなんてナウシカの世界 ↓

 

パキポディウム ラメレイの綴化(せっか)は見事ですし ↓

このサボテンはすごく不気味 ↓

 

「あっこれほしいやつや!」恐竜の時代からあるといわれるソテツ ↓

 

樹齢320年の見事なアロエのディコトマや、でっかいサボテンの金鯱も見れたので、このあたりで もうだいぶお腹いっぱいです ↓

 

そしてここからが本日メインの蘭ですが、素人なのでどれがいいかなんてわからない。個人的にいいな~って思う蘭達をパチパチやってきました ↓

 

 

蘭は色と形と香りで勝負する・・・・らしい!

 

たしかに変な形の花が多いし、ニオイもするな~ ↓

 

お~これは素敵です、気に入った。

黒いランもあるのね~ ↓

 

近づいてみた。うん?・・・・ ↓

 

うわっ!顔や ↓

 

この辺り一帯はおもしろ顔達でした ↓

 

面白い顔?をどうぞ(笑)

先ずは、ちょこ~んといてはる方 ↓

 

犬に見える方 ↓

 

宇宙人(笑) ↓

 

モンスター ↓

 

 

こちらは 嗅いでみようのコーナーです ↓

臭いらしい ↓

 

「うん?・・・別になんもせんけど」 ↓

 

「くさっ!」これは臭い ↓

 

ランのコンテスト。

1位がいっぱいあったりするのはなぜ? ↓

こちらグランドチャンピオン ↓

 

最後にいっぱいのお花に囲まれて大満足で植物館を後にしました。

 

ここ最近 とても深くはまってしまった植物達にのんびり癒してもらい、

明石大橋を通る頃には夕焼けで、

ちょっぴり寂しい気分になりました ↓

 

よおし また来るとするかっ~

「  Yesっ !! 」

おわり

葉っぱと根っこ?

こんばんは 小林です。

先日、知り合いの方が湖東にお店をオープンされたので、お祝いのため滋賀県へ。

まずは腹ごしらえに滋賀県の高島へ。

高島といえば・・・NHKスペシャルの「映像詩 里山〜命めぐる水辺〜」

あの里山での生活の営みや風景の映像には、多くの感情が湧きあがってきたものです。

今回はそこではなく、その近くの「高島びれっじ」でまずランチしました ↓

地元のいろんなお店が集まった古風な建物で、

そのなかのこちら「ワニカフェ」でお食事しました ↓

入り口から面白く、手作り感が満載です ↓

 

店内も素朴だけれど楽しい ↓

 

うん? 蒔通貨使えます・・・ ↓

薪を ひとかかえでコーヒーを1杯いただけるらしい(笑)

 

そしてこのあたりで採れた新鮮な食材を使った料理には大満足。

画像撮り忘れるほどでした。

 

さてその後、近くの道の駅「藤樹の里あどがわ」でお米をたっぷり買いこんで、

 

目的地に向けて出発

白髭神社の鳥居を横目に ↓

車を走らせ・・・

琵琶湖大橋を渡り・・・

 

向かった先がこちら ↓

いやいや 違うっ!

めっちゃさわれる動物園 のピエリ守山を通りすぎるんです。

通り越してすぐにあるのが今回の目的地・・・

 

HATONE さんでございます ↓

こうです こう・・・

「葉」 ↓

と ↓

「根」 ↓

で HATONE

 

そう ここは植物専門のお店です。

今月オープンしたばかりの ほやほやさんです ↓

 

「おっ 届いてるぞ!」 ↓

 

来店して見て頂きたいので、中身はチラッとだけ・・・

流行りのコーデックスから ↓

チランジアやビカクシダ ↓

そしてミストラバー達も ↓

世界中のあらゆる植物が並んでおり、楽しくて動けなくなり小一時間居座りました。

詳しくは こちらまでお問い合わせください

気さくでお話好きのオジサンが対応してくれます ↓ ↓ ↓

滋賀県守山市水保町1336-37

Tel 077-516-4518

 

草見すぎて興奮したので、最後はやっぱり動物達に癒されることに。

葉と根さんからわずか5分ほどのピエリ守山の1F。

めっちゃ さわれる動物園 ↓

 

いっぱいさわれるぅ~!!

 

そこらじゅうに動物達 ↓

魚までいたり ↓

 

ここにしかいないインコもいたりと 相当楽しいです ↓

 

なまけもののピエリちゃんも健在 ↓

 

このリアルアリゲーターも健在。でもライオンのリヨン君は卒業したらしくちょい残念 ↓

 

そしてここの名物さんで、ハイギョの天敵! ↓

ハシビロコウ

今日はちょっと恐い気がしたので触らずに・・・ ↓

 

おほほ~ アルパカや~!

アルル君 ↓

慣れてるな~

うん? 唾飛ばすって書いてある・・・

 

さようなら~

なぜか最後まで見つめられ見送られました ↓

 

あ~楽しかった。

また草やさん来るときは遊びにこよう~っと!

小林

山の辺の道 最終章

今日のブログは先日の長谷寺の続きです。

 

奈良の長谷寺までせっかく来たのだから、ちょいと移動して

残っていた山の辺の道を散策しました。

 

まずは奈良の三輪駅まで移動。

町なかなのに大きな鳥居が見えます ↓

 

JRの線路を渡るが、左をみても右をみてもの~んびり ↓

小さい頃、このあたりの親戚に数日預けられたことあるので妙に懐かしい感じがする。

 

この日は早くにお昼を済ませたのと、これからいっぱい歩くのでこのあたりで早速カロリー補給をいたします(笑)

ふふふ・・・・

豆腐ソフト! ↓

甘い豆腐の味が不思議といけますが、やっぱソフトはバニラが良いなと思いつつ

すぐ完食 ↓

 

さて今回の山の辺の道、出発はこちら大神神社からでございます。

ここ大神神社(おおみわじんじゃ)は本殿を持たず、鳥居をとおして三輪山全体を拝むんだそうです ↓

 

 

大きな鳥居をくぐり ↓

 

静かで清らかな長い参道をいくと ↓

 

大きな岩が二つ現れます ↓

夫婦円満、これが一番大事 ↓

ふむふむと うなずきながら ↓

拝殿でパンパンと ↓

 

さて神社をぬけると、ここからが本番の山の辺の道。

いつもの標識早速みっけ!

これがあると安心なので頼もしいやつです ↓

 

さあ早速まいりましょう ↓

 

山の辺の道は、このような畑や森の中を通っており、険しくないのでのんびり歩けます ↓

そして自然がいっぱいなので、すぐになにか見つかる ↓

 

ほれ、こんな大きいバッタいました ↓

 

他には何かいないかと ↓

きょろきょろ見回したり ↓

何かがいそうなところでは立ち止まって探したり ↓

時にはこんなのに ↓

驚いたりと、楽しい山の辺の道です ↓

 

そして山の辺の道といえば これこれ ↓

これが楽しみの一つ、無人販売所。チャリンチャリン~♪ ↓

相当な時間をかけ吟味しスダチをGet ↓

 

ルンルン気分で進みます ♪♪ ↓

 

途中、ハスの花が咲いていて ↓

奈良ではよく見る殿様と ↓

カナヘビと ↓

大きな蜘蛛さん ↓

そして食べれそうに無いキノコ ↓

 

最後は登り坂にさしかかりまして ↓

かなりきつくなりまして・・・ ↓

おまけに虫が付きまとってくるので ↓

足早に薄暗い小道は早々に抜け ↓

ほっとしました ↓

 

そして振り向けば三輪の山々。

神の山々にお別れして、

これで山の辺の道パートⅢも終わりを告げました ↓

 

帰り道、綺麗な花を道端で見つけたけれど ↓

ペッちゃんこのヘビさんがいて ↓

なにか物悲しくなってしまった・・・・

 

いつものように奈良駅の ↓

遷都君にもサヨナラして ↓

夕焼けをぼんやり見つめ京に帰りました ↓

 

また奈良行こ~っと。

小林

奈良へ・・・長谷寺

こんばんは 小林です。

ちょっとほっとしたくなって奈良へ行ってきました。

なぜかそういう時、無性に奈良へ行きたくなる。

もう先月のことですが。

 

京都駅から、近鉄電車を乗り継ぎ乗り継ぎ

やっとのおもいで長谷寺駅。

 

長谷寺への地図を確認し、

 

ぼっちぼっち歩きました ↓

 

紫の花を眺め ↓

 

橋を渡ると・・・

 

なんだか懐かしい感じになってくる ↓

 

「うん?建物が文化財のご飯屋さんか~」

 

ちょっと覗いてみました ↓

 

とても好きな感じのお庭です ↓

 

眺めていただけですが、お店の方に声をかけられたので早いお昼をとることにしました。

雰囲気の良いお座敷に あがらせていただきました(登録有形文化財 長谷路) ↓

 

ぼ~・・・・・ ↓

 

これこれ、これです。このまったり感。

うん? ↓

えらいとこで猫が水飲んでる(笑) ↓

 

僕はといえば、暑かったのですが奈良なので

にゅうめんセットを注文しました。

もちろん三輪素麺でございます ↓

 

いただきま~す!

干しシイタケの味が染み出ていて、すっごく美味しかったです。

 

さあてお腹もいっぱいなので出発です ↓

でもその前に生き物チェックは欠かさずに ↓

 

さて道はますます昭和の雰囲気で懐かしさが強くなってきました ↓

 

最近ではなかなか見れそうに無い看板の店先をのんびりぶらぶらと歩く ↓

 

きな粉もちの屋台の上の老猫には少し驚きました ↓

 

そしてそうこうしているうちに、長谷寺のメイン道にさしかかったようです ↓

 

お~見えてきた見えてきた ↓

 

そして到着、長谷寺です ↓

 

山門をくぐると~ ↓

 

ど~んっ!!

 

遂に憧れの登廊まで辿りつきました ↓

 

ゆっくり登ることにしました ↓

 

平日のせいか観光の方が少なくて、登廊をひとり占め状態です(嬉) ↓

 

長いけれど気持いい ↓

 

まだまだ登ります ↓

 

そして本堂に到着しました ↓

 

なんとここには舞台が!

なぜかはわからないけれど、山寺に舞台があると個人的に興奮を抑えられなくなってしまいます(笑) ↓

 

少し落ちつくために、お参りをすませて ↓

 

舞台を横から眺めますが、やはりテンションが上がってきます ↓

 

なんだろうこの気持・・・。

そんなときは深呼吸が一番か(笑) ↓

 

エネルギー補充も完了! ↓

 

帰りの登廊を下っていると変な虫みっけ ↓

 

虫か~・・・・

虫が多いかもしれないけれど

「よおしっ!ここから三輪まで移動して 山の辺の道 行っちゃうかっ!」

 

山の辺の道 最終章に続く・・・

葦(よし)の群生

こんばんは 小林です。

ちょっとゆっくりしたいな~と思い 夏の終わりに

滋賀県の湖東、近江八幡に足を延ばしました。

 

目的は水郷めぐりです。

asi2

 

通常ルートは1時間半程度とかなり長いので、短めの一時間コースを選びました ↓

asi1asi1-1

 

有名人も多数来られているようでした ↓

asi1-3

 

さて、こちらが今回の船、手こぎ舟 ↓

asi4

 

恐るおそる、乗船します ↓

asi3

 

少し揺れましたが乗ってしまえば問題なし。

テンションが少し上がって、出発進行です ↓

asi6

 

早速、イチジクの木があり船頭さんに落としてもらいました。

小粒ですが甘くて美味しい ↓

asi7asi8

 

ちなみに今回漕いでくださる船頭さんです ↓

asi10

 

小さな橋の下をくぐりぬけ ↓

asi11

 

細い水路のお堀を進み ↓

asi13asi15

 

そこを抜けると ↓

asi17

 

池のような広い場所にでました ↓

asi18

 

一面 葦の群生に囲まれ、風がとても気持良い ↓

asi46

 

少し先にヘンテコな建物が建っています? ↓

asi21

 

後ほど行くことにして、のんびり船は進みます ↓

asi20

 

夏が終わる時の、あの風を感じながら 僕ものんびりしてます ↓

asi25

asi26

asi27

 

うん?手こぎ舟の屋根の下になんか貼ってある ↓

asi22asi23

 

” 船内では多量の飲酒はおやめください ”

「ほ~船に揺られながらの ほろ酔いなんて最高やな」 と思いながらも、

お酒を飲まなくなったので 今では関係なし。

ついでにタバコもやめてワタクシ 最近 健康オタク でございます(笑)

 

さて、船は船底の掃除をしながら ↓

asi29

 

葦の中を進み ↓

asi32asi30

 

細い水路へと ↓

asi33

 

細くなって、なんだか生物がいそうな雰囲気になってきました。

水柳という柳の一種です ↓

asi34asi34-1

 

葦のわきにはなにやら網かごが・・・。

これでフナを獲ってフナ寿司を作られるとのこと。

ちょっと感動 ↓

asi35asi37

 

雲ひとつ無い夏の終わりの青空にも

ちょっと感動 ↓

asi38

 

そしてまた池のような広い場所にでると水鳥が ↓

asi40asi39

 

おっ!こんなところまでミドリガメと鵜が進出してきている ↓

asi47asi43

 

そういえばペットボトルのゴミが浮いていないが、1本みつける ↓

asi41

これはウナギ獲りの仕掛けだそうです。

海からこんな遠い琵琶湖の水路まで登ってくるウナギにまたまた感動しながらも、この辺りでWildのウナギを出すお店があるということに気づき心に刻む・・・

次はそれだな!

 

なにっていうことはないけれど、風に大きく揺れ動く葦の群生。

もともと、この葦(あし)は悪し(あし)に通じるから、反語で葦(よし)と言われてきた日本人独特のもの。

そして1本では貧弱で折れそうだけれど、全体で持ち合えばしなやかで強い。

asi19

こういった独特の考えや文化が日本人に長く愛されてきた理由の一つなんだろな・・・。

 

そんなことを考えながら

asi50asi54

 

船にゆられてウトウトしてたら・・・ ↓

asi49asi53

 

1時間の船旅も ↓

asi52asi55

 

あっという間に終わりを告げました ↓

asi57

 

asi1-2

おわり

 

その後・・・

先ほど見つけた変な建物に移動 ↓

asi58

 

おほほ~!凄いなここ ↓

asi60

 

屋根がえらい事になってます ↓

asi61

 

外は自然派 ↓

asi59

 

中は食欲派(笑) ↓

asi63

まん丸ちゃん

こんばんは 小林です。

京都では月に二回、有名な「市」が開催されます。

毎月21日に開催されるのが「東寺:弘法市」の弘法さん。

そしてもう一つが毎月25日開催の北野天満宮の「天神市」です。

東寺は近いので弘法さんには何度か遊びにいってましたが、そういえば天神さんは行ったことがない。

ということで天神さんへ ↓

bloggazou3

京都の人は受験のときは必ずお守りをいただきにあがるであろう天神さん。

学問の神様、菅原道真公が祭られる天満宮のお守り。

個人的にはよく効きました(笑)

 

さて、目的の天神さんの市は落ち着いた雰囲気でした。

bloggazou2bloggazou4

 

弘法さんのようにごった返していなくて歩きやすくてありがたい ↓

bloggazou10bloggazou7

 

家内安全!をお願いして ↓

bloggazou12

 

牛にも追加でイロイロお願いして笑 ↓

bloggazou6

 

のんびり骨董市を楽しみました ↓

bloggazou5

 

 

さて実はこの日、お昼を予約しておりました。

なにかっていうと、先日こんなものを見てしまいまして・・・ ↓

bloggazou02

京都に住んでいて、ちゃんとした京野菜なんて食べてことが無いので、ものは試しにと、

この本の1ページ目のお店を予約した次第です ↓

bloggazou03

 

今流行りの町家風ではなく、京の旧家の庵です ↓

bloggazou32

 

先ず最初に凄いのが、お膳にでてきました!

bloggazou15

 

上賀茂特産野菜研究会とあり、農家の方の名前まで・・・。

こんな立派な賀茂なす見たことが無い・・・。

しかもこの中から選べるらしい。

長い時間吟味した後、このぽて~っとしたまん丸ちゃんに決定 ↓

bloggazou16

 

おナス以外の京野菜も食べたいので、僕は「旬の京野菜たっぷりコース」を選択しました。

ただこのコース、お茄子を選んでからお料理されるので、1時間半~2時間かかりますのでお時間に余裕のある方のみ。

 

まずは前菜からですが、

店主が吟味して仕入れられた京野菜達です ↓

bloggazou18

 

ミズナの大盛りサラダです。これほどまでのシャキシャキは初でした ↓

bloggazou19

 

万願寺唐辛子三種の食べ比べ。一つ一つの味と歯ごたえが違うことに気づく ↓

bloggazou20

 

一風変った白味噌仕立ての豆乳スープ。もっとごくごく飲みたいな ↓

bloggazou21

 

そしていよいよ待ちに待ったメインの登場です。

ド~ン!!

賀茂なすの田楽 ↓

bloggazou22

 

「おっ!お皿に貼ってあるがな、シールが・・・」

京都市認定農家 上賀茂・森田啓子さんのお茄子。

あ~ニクイ演出。

そしてお腹は、待ちくたびれて限界へ ↓

bloggazou23

先ず、ひとくち ↓

bloggazou24

アッツ~!! ↓

bloggazou25

う~~~美味い。

言葉に出来ない喜びと感動が湧きあがり、自然と目をつぶる ↓

bloggazou26

 

とろとろの食感と、濃厚な賀茂茄子が白味噌と抜群に合う ↓

bloggazou27

 

素晴らしすぎて、このままのお口でいたかったけど、

おくちなおしと〆で終了。

bloggazou29bloggazou30

 

でも・・・別バラが 何か欲しいというのでワラビ餅を最後にいただきました ↓

bloggazou31

 

京野菜、恐るべし!

本場、上賀茂の京野菜を皆様にオススメいたします。

肉が無くても大満足できると思います。

ご馳走様でした。

 

そろそろ京都は五山の送り火を迎えます。

京都の市内は見所も多いですが、街の喧騒から離れて、上賀茂周辺 京都の北山あたりで涼んでみるのもいいかと思います。

bloggazou34

 

 

 

追記

うん?

bloggazou40

 

ナスには名札がついてるものが多い・・・

これって my茄子?

bloggazou44

 

おっ! ぱつんぱつんやんか

bloggazou38

 

美味そう・・・・・・・

bloggazou41

おわり

ヒパブリコン2017のお知らせ

こんばんは 小林です。

先日、思い立って遠出いたしました。

toyama1

名神高速道路を先ずは東へ!

 

途中、ツバメマンション2号室のある ↓

toyama6toyama5

 

滋賀の多賀インターで ↓

toyama4

早速 朝食をすませ ↓

toyama7

toyama8

 

米原から北陸道にチェンジして ↓

toyama9

 

こちらへ・・・・うん? ↓

toyama10

 

ド~ンッ! ↓

toyama11

 

道沿いにたくさん立っている、そばの看板から目を背け ↓

toyama12

 

京都より、やっとのことでここ福井県 永平寺に到着しました ↓

toyama13

 

年末の 「ゆく年くる年」 のあのお寺。

曹洞宗の大本山で禅寺としても有名な永平寺です。

 

さて、巨木の参道を抜けて ↓

toyama14toyama15

 

イボイボのガマガエル?の池もぬけて ↓

toyama19toyama18

 

門に辿りつきました ↓

toyama16toyama17

 

いざ!永平寺へ ↓

toyama17-1

 

早速事務所で座禅の予約をして

館内の長い廊下を歩く ↓

toyama22

 

僕のような観光客も この日は疎らで、修業の地であるせいか京都のお寺では考えられないくらい静かです。

しかし それだけでは語れない、異様な静寂の空気が辺りに立ち込めております。

長い階段を ↓

toyama20

toyama21

幾度も登り ↓

toyama23

 

左通行で、また登り ↓

toyama24

toyama25

長すぎて休憩したりして・・・ ↓

toyama26

 

カメラ目線なんかもしたりして ↓

toyama27

 

本堂へ ↓

toyama28

 

さて、そろそろいい時間になったので、座禅をさせていただくため集合場所へ。

ここ永平寺ではいろいろな約束事があるためか、

雲水さん(修行僧)や観光客ともすれ違いますが、館内はやはり静まりかえっています。

なんとなく人の気配は感じられるのに、シ~ンとしており少しゾクゾクしました。

これが曹洞宗の大本山、永平寺の空気なのか・・・・。

 

そして若い雲水さんからいろいろ教わります。

足の組み方や喋ってはいけない等いろいろと簡単ではない・・・。

なかでも座禅をくみ、半眼で少し先をみつめ無になるようにと言われても・・・・。

しかし雑念をなくし、こんな感じに座禅を組みました。 ↓

toyama37

 

座禅・・・・・

テレビや書物で何気に目にする座禅という言葉。

言葉では簡単に発することができるけれど、無の境地になることがどれほど難しいか思い知らされました。

いつになったら終るのか・・・。足が・・・あかんもう駄目・・・。

30分ほどで終るはずだったのに、なぜか?延長され一時間ほども座禅を組む(泪)

 

なにが起こるかわからない世の中で、動じてはいけない心というものに少し触れ・・・。

禅でいう五欲のうちの睡眠欲の意味が今まで理解できなかったけど、寝てはいけないときに寝たい気持との葛藤を思い知りました。

 

それから修繕費用の寄付をして、

toyama29toyama30

 

恐い閻魔様に手を合わせ ↓

toyama31toyama32

 

永平寺をはなれます ↓

toyama35

 

ちょうど時間は昼時・・・。

まあ それを狙って朝早くに京都を出てきたのです。

蕎麦やさん探し笑

toyama38

実は来しなに目をつけておいた蕎麦屋さんで

いただきま~す! ↓

toyama39

大根が辛くて、蕎麦はゴリッとしており ↓

個人的に過去最高の蕎麦でした。

ただ食べ方がわからず、つけ麺風に食べましたが ほんとはぶっかけみたいです。

 

さて、ここから今回の目的地である富山に出発 ↓

toyama40

休憩はさみながら向かった先は・・・・こちら ↓

 

昨秋、キンペコのコンテスト第一回となる

ヒパンキストルス ブリーディング コンテスト2016

略して ヒパブリコン2016 を 日本全国のヒパンキ愛好家様の応援により

当店にて開催いたしましたが、

今年は富山県の「熱帯魚のMISHIMA 高岡店」にて

toyama41

ヒパンキストルス フォトコンテスト

が行われます。

 

早速、店長の七尾さんに挨拶して、店内散策させていただきます ↓

toyama42

 

お魚の状態はもちろんのこと、女性がされてるショップらしく隅々まで管理が行き届いており美しい ↓

toyama43toyama44

 

そして・・・

あっ!草がいっぱい ↓

toyama45toyama46

 

おっ!ほしい ↓

toyama47-4toyama47-6

 

あっ!貼ってある ↓

toyama48

 

個人的に気になるものばかり見ていましたが、今回のメインは

キンペコ!

 

じっくりみせていただきました ↓

toyama48-2

 

toyama48-5toyama48-4

 

ブリーダーズキンペコの在庫はとても多い ↓

toyama48-8toyama48-6

 

またミシマさんでもインペをブリードされています ↓

toyama48-11toyama48-12

 

うん?見たことあるブリーダー名(笑)

toyama48-10

店内にはたくさんのヒパンキ達があふれ楽しかったですし、七尾さんとスタッフさんには、突然の訪問を快く迎えてくださってありがとうございました。

そして、愛好家の皆様!

いよいよ 9月からエントリーがスタートです。

いっぱい参加して、皆でワイワイ盛り上がっていきましょう。

 

それからは・・・・お約束の

本日3度目の食事(笑)

こっちの回転寿司って電車が運んできますわ!

スピードが速いと、ネタが新鮮な感じなので素敵(笑)

toyama49toyama50

 

お腹満腹で大雨の中、元来た道320km 無事に帰京。

toyama51

おわり。

アクアショップフィン 店長 小林

広島へ・・・

こんばんは 小林です。

先週の定休日に、

若い頃に何度か行ったことあるけれど

大人になってからは、なぜか足が向かなかった

広島へ・・・・。

 

京都駅で駅弁買って、

新幹線に乗り込んで ↓

miyajima1miyajima2

 

こんな感じであっとゆうまに ↓

miyajima3miyajima4

 

広島に着いちゃいました ↓

miyajima5miyajima6

 

さて、広島って路面電車が走っているんですね! ↓

miyajima8

miyajima9

miyajima10

お~来た来た ↑

何年ぶりかのちんちん電車。

厳島神社のある宮島に渡る船まですぐでした・・・ ↓

miyajima12

 

暑い日だったのでアイスを買って乗船です ↓

miyajima11miyajima13

 

ちなみに、近頃オハゲ予防に帽子をかぶっておりますことは無視でお願いいたします(笑)

 

さて出船して宮島へ向かいます。

(塩の満ち引きによっては船が出ないこともあるので注意です)

川をのんびり下って瀬戸内海へ ↓

miyajima14

 

瀬戸内海へ出ると、

大きな水しぶきを上げながら進みます  ↓

miyajima15

 

そして はやくも宮島らしき島影が ↓

miyajima16miyajima17

 

無事到着しました ↓

miyajima19miyajima20

 

お腹がすいていますが、まずは厳島神社へ。

小さな島でもここの商店街は活気にあふれ ↓

miyajima22

 

なぜかシャモジがイチオシでした ↓

miyajima23miyajima21

 

商店をぬけると海が見えてきました ↓

miyajima24miyajima25

 

そして遂にあの大鳥居に辿りつきました ↓

miyajima26

 

うわ~ 凄いな!海の中に鳥居が・・・ ↓

miyajima27

 

神社の裏にまわるとだいぶ塩が引いていました ↓

miyajima29

 

もう少しで鳥居が全て姿を現すそうなので、

先にごはんを食べることに ↓

miyajima30

miyajima31

 

広島といえば、広島焼きとカキでしょう。

そういうことでコラボの注文。

美味い!

カキと粉もんのバランスが良く合っていました。

ご馳走様です。

 

それから一服してもう一度大鳥居へ ↓

miyajima43

おおお~ !!

念願のお姿を拝むことができました。

当然記念撮影 ↓

miyajima36

 

でも家内はそれよりもこっちが気になるようで・・・・ ↓

miyajima41

 

なにやらごそごそやってます ↓

miyajima42

 

あはは(笑) これかこれか ↓

miyajima38

 

量産型ズゴック ↓

miyajima37

 

こちらも負けじと 探しますが ↓

miyajima34miyajima35

 

マイマイばっかで残念ながら完敗 ↓

miyajima32

 

せっかく厳島神社に来たのに、生き物探しで満足してしまい・・・ ↓

miyajima40

 

外からの記念撮影で終了。 ↓

miyajima33

 

最後にパワ~をいただいて ↓

miyajima44

 

帰京しました ↓

miyajima45

 

 

さて、今回の広島行き。

真の目的です。

dome1-1

 

毎年毎年、終戦記念日を迎える我が日本。

そして広島には8月6日に原爆が落とされ、この日のことをテレビのニュースでぼんやりと見るだけだった昨年までの夏・・・。

遠のいていた気持があったけれど、

家内に誘われて この原爆ドームと平和記念公園までやってきました。

dome1-7

 

右や左やナショナリズム、宗教や差別、人にはいろいろな思想があるなかで、

難しいことはわかりませんが、

このことだけは、地球で生きる全ての人類全体、特に核兵器をもつ国の人が、約束しないといけないと思いました。

dome1-12

 

 過ちは繰り返しませぬから・・・と

dome1-10

おわり

アジサイとゴースト

こんばんは 小林です。

先日のこと・・・。

いつものここからスタートして ↓

ajisai1

 

こう行って ↓

ajisai2

 

舞鶴へ ↓

ajisai3-1

 

アジサイ祭りやってました ↓

ajisai4

 

でも昨日まででした、すいません ↓

ajisai3

 

こんなに素晴らしいアジサイなのでぜひ来年(笑) ↓

ajisai7

 

アジサイの海、実物の圧倒的な美しさは言葉を失います。

個人的にはアジサイは雨の日がオススメです。

そして、なによりも人がいないこともオススメだったりします。 ↓

ajisai8

ajisai6

 

青や紫、そしてピンクのアジサイを見てハッとしました・・・・。

「そうや うちにもこんな色の水生動物いるやんか!」と。

 

以前お店でいっぱい増やしていたアメザリ達 ↓

americazarigoastmale004

今はタイから輸入されてます。

早速ご覧くださいませ ↓

 

① タイゴースト ♂ 8cm程度(頭部から尾まで) ¥8500  タイ正規輸入便。久々すぎて持ち方忘れてて挟まれましたわ(泪) ↓

thaigoast001

 

② タイゴースト ♀ 7cm程度(頭部から尾まで) ¥8500  タイ正規輸入便。この♀、個人的に好みです。ゴーストのいいところはいろんなタイプがあることですね。現在の状況がどんななってるのか少し勉強しないといけないな・・・ ↓

thaigoast002

 

 

③ タイゴースト SMサイズ 5~5.5cm程度(頭部から尾まで) 特別価格¥1980~2980  タイ正規輸入便。4匹います。成長にしたがって、どう色彩が変化するのか楽しみです ↓

No1 ♂個体 ¥1980 こういうのがオオバケしたりして ↓

thaigoast003

 

No2 ♂個体 ¥1980 ボディが少し色づき始めている ↓

thaigoast004

 

No3 ♀個体 ¥2480  ↓

thaigoast005

 

No4 ♀個体 ¥2980 ↓

thaigoast006

 

いかがでしたか?

いろんな色を楽しむことのできる動植物って魅力がありますね!

こんなタイプを地道に作り続ける人間ってやつも凄いって思います。

フィン 小林

信楽へGoGoGo!

こんばんは 小林です。

先日近くのセブンイレブンでちらっとこれを見かけて驚きました ↓

shigaraki01

ブルータスの珍奇植物。それの総まとめ。

2冊あったのでついつい2冊も買っちゃった。

しかし、こんなマニアックな本がセブンに置いてあって驚きました。

 

先月はアクアライフもこんな特集組んでいたし ↓

shigaraki03

 

グリーンが流行ってるんだな~って実感します。

オマケに先日、買わんでいいのにこんな本買ってしまい ↓

shigaraki02

悪い癖がではじめて・・・・。

小さい頃からお茶碗に興味があることもあってか、植物の鉢に興味がわいてくる・・・。

 

ということで先日のこと

雲ひとつない快晴の日に、滋賀県の信楽焼きの里にドライブに行きました。

けっこう近いけど、どこに行けばいいのか全くわからない。

とりあえずそれっぽい名前の場所へ ↓

shigaraki1

滋賀県立 陶芸の森。

早速こんなタヌキのお出迎え ↓

shigaraki4

パラパラとお客さんがいましたが、少なくて良い良い ↓

shigaraki2

 

陶芸館の前にはパンダが・・・ ↓

shigaraki6-1

shigaraki6-2

shigaraki6-3

近寄るとぬいぐるみみたいで可愛い。でもこれ陶器 ↓

shigaraki6-5

shigaraki6-7

 

しかし このあたりからの眺めは素晴らしいです ↓

shigaraki6-6

ということで そちらに移動しました ↓

shigaraki7

信楽の産業展示館で、少し歴史などに触れた後は

ちょっと休憩 ↓

shigaraki10

 

緑の中でほっとひといき ↓

shigaraki9

 

それから動物の糞の中を、お散歩しました ↓

shigaraki12

気持良い 気持い良い ↓

shigaraki15

shigaraki18shigaraki16

 

そして、よくわからない芸術に触れた後に・・・・ ↓

shigaraki20

shigaraki22

 

本格的に器を物色しに行くことにしました ↓

shigaraki

信楽といえばタヌキの置物。

道沿いもお店にも大小様々なタヌキが溢れかえっておりました ↓

shigaraki0

お店がたくさんありすぎて、観葉植物の鉢がどこで販売しているのかわかりません。

そうこうしていると、面白い造りの家を発見 ↓

shigaraki23

信楽焼きの釜のようで、傾斜地を利用した、登り窯というものでした。

shigaraki33shigaraki30

確かに坂にいくつもの釜が連なっていました ↓

shigaraki26shigaraki27

一番下の火袋といわれるところで火を入れて、ひと釜づつ焼いていけば、火の効率はいいんだろう。

さて社会見学ばかりなので、そろそろ目的の観葉植物用の鉢を探さなければ・・・。

 

そして適当に入った陶器のお店でメダカの器を発見! ↓

shigaraki36shigaraki37

よさげなメダカ鉢が格安で販売されていました。

 

そしてふと横を見ると、やっとそれらしい雰囲気の場所を

み~っけ!

shigaraki35

山野草やコケ玉がいっぱいでワクワクする ↓

shigaraki39shigaraki41

 

そしてやっと たどり着きました。

多肉植物専用の信楽焼きに! ↓

shigaraki43

どれもこれもとても可愛いくて、全部ほしくなる。

あ~全部ほちい・・・ ↓

shigaraki42

結局お小遣いと相談しながら

こんだけGetしてしまいました!

戦利品をどうぞ(笑) ↓

shigaraki48

たぶん、お店の方にアホちゃうかと思われてることでしょう。

 

そして先日初めて買った多肉を、このちっちゃな鉢に植えてみました。

多肉第一号 ↓

shigaraki50

おもちゃみたいで とても可愛いくて 自画自賛(笑)

こんなの室内で飼育できるんだったら、そら流行るわな~

自分の選んだ鉢で、自分の好きな形の多肉植物を飼う。

これって楽しいな。

 

ちなみにこの鉢のお店は、これが目印。

この目印の道を挟んだ向かい側 ↓

shigaraki45

タヌキなのか化け物なのか(恐) ↓

shigaraki46

夜は通りたくないな・・・

終わり

福井へ仕入れ?

こんばんは 小林です。

先日、ゴールデンウィークの間の日に福井へいってきました。

今回の目的はズバリ仕入れ?

 

といっても熱帯魚ではありません。

日本海のお魚たちです ↓

obama0

 

前の大統領、オバマさん時代に ちょっとのっかって少し有名な小浜市の小浜漁港。

そこにはフィッシャーマンズワーフがあって ↓

obama10-2

 

遊覧船がでていますが そこには目もくれず ↓

obama10

 

道を挟んだところにある卸売り市場が目的です ↓

obama0-1

 

地元の方は当然ながら、観光客にも新鮮な魚介類をお得な価格で販売してくれるのでありがたい。

少し込んでいましたが、とれとれ市場的なものではないのでゆっくり見れます ↓

obama0-3obama0-2

 

さあ 中に入ってみましょう・・・・ ↓

obama6

 

のっけから ボルテージが最高潮。でも顔には出さない ↓

obama1

 

日本海の新鮮な魚介類がい~っぱい並んでいます ↓

obama2

 

熱帯魚の仕入れより気持がはいる(笑)

obama3

 

冷蔵庫と冷凍庫が大きければいっぱい買いたいですが、そうもいかず考えた末に購入開始 ↓

obama4

 

フィッシュイーターに目がいくけど、あしが早いので諦める ↓

obama7

 

結局クーラーボックス二箱ぶんを仕入れて大満足です。(本当に新鮮なものばかりですのでハズレなかったです)

 

そして ちょうどお昼なのでランチを取ることにしました。

卸売市場のおばちゃんに聞いたら、少し歩いたところに美味いお店があるらしいので お邪魔することに。

僕は若狭グジの塩焼き定食(2100円)を注文 ↓

obama8

 

家内はお刺身定食(1380円) ↓

obama9

 

とにかく新鮮でボリュームあってリーズナブルです!

これを食べられただけでも大満足です。

 

幸せな気持ついでに、近くのお山にドライブをします。

釣りでは何度も来ていたのに、一度も通ったことのなかったエンゼルライン(なんと無料!) ↓

obama11-1

 

先ほど仕入れと食事をすませた小浜港を眼下に ↓

obama11-3

 

新緑が気持いい ↓

obama11-6obama11-5

 

そして海沿いの道をのんびり運転して ↓

obama11-7obama11-8

 

いつもの釣り場も後にして ↓

obama12-1obama12-3

 

次の目的地、敦賀のレインボーラインへ。

三方五湖を眼下にレインボーライン山頂へ ↓

obama13-1

 

なんか見えてきた? ↓

obama13-2

 

でっかいタヌキでした ↓

obama13-3

 

一応タヌキと記念撮影 ↓

obama13-5

 

そして恐いけど、ロープウェイで いよいよ山頂へ ↓

obama13-6

 

ものすごく恐いのに

「シートベルト無いヤン!」 とぶつぶつ言う・・・。

下見たら シッコちびりそうです。 ↓

obama13-8

 

でも風景は素晴らしい ↓

obama13-7

obama13-9

 

そうこうしているうちに 山頂へ到着。ほっとしました。 ↓

obama13-9-1

 

そこには なぜか五木ひろしの歌が流れていた・・・ ↓

obama13-10

 

そしてそこらじゅうに南京錠がつけられている。変な雰囲気だけど

神秘的なパワーを持っているらしい鍵に、誓いを立てるらしい。 ↓

obama13-12

 

ここ カップルに良いかもです ↓

obama13-11

 

僕はいつものとおり・・・  ↓

obama13-13

 

お約束で 生まれでて ↓

obama13-15

 

こちらのアヤシイ?かわらけを投げます ↓

obama13-18

 

サザエさんも投げてたんやな~(笑)

obama13-17

 

しかし この絵 笑けるんですけど ↓

obama13-19-1

 

とにかく・・・ 変な意味は無いけど 願いを込めて ↓

obama13-19

 

いざっ !

obama13-19-2

 

全然だめ~ 力がはいりすぎて急落下(泪) ↓

obama13-19-3

 

奥さんもエイっ! 何を願ったんやろか(笑) ↓

obama13-19-4

 

そして恐いですが もう一度ロープウェイで降り次の目的地へ

obama13-20obama13-21

 

 

次はレインボーラインを下ってきたところにある、三方五湖のひとつ日向湖(ひるがこ)です。

日向湖は淡水でもなく汽水でもなく海水だそうです。

なんてことのない湖なのでしょうが、僕にとっては以前から密かに行きたかった場所。

ここの漁村に架かってる橋にです ↓

obama14-2

 

見えてきた!

obama14-2-1

 

ここだ! じわ~っと感動します ↓

obama14-3

 

目的の日向橋。 新しくなったようですが ある映画の舞台です ↓

obama14-4

 

とても感慨深い。

そして港を少しあるきました。

映画にもありますが冬の日本海は途方もなく荒れますから、このとおり漂流物がいっぱい流れ着いていました ↓

obama14-5

 

ハングルが大半で、ロシアの言葉も書かれています。遠くから流されてきたようです ↓

obama14-6obama14-7

 

若いころに働いていたこともあってか、僕はこの北陸の海辺や漁村を気に入っています。

冬は生活することがとても厳しいでしょうが・・・。

obama14-8

それから少しブラブラしてから、

滋賀県まわりで京都に帰ることにしました。

 

途中、湖北で珈琲タイムをはさみます。

メタセコイアの街路樹を抜けマキノピックランドへ ↓

obama15-7

 

日本とは思えないようなメタセコイアの並木道が続きます。 ↓

obama15-1

 

時間がゆったりと流れています ↓

obama15-6

 

僕はといえばコーヒーのつもりがアイスになってしまいまして ↓

obama15-2

 

満足、満足(笑) ↓

obama15-3

 

また秋の紅葉を見に来たいと思います。

obama15-4

 

さあ 仕入れた魚を食べにかえろ~っと。

fin

紫色の日

こんばんは 小林です。

この時期の紫といえば ここ ↓

hujidana1-1

毎年この時期になると迷子のおじさんやおばさんが間違ってフィン横の処理場にいらっしゃいます・・・・。

 

本当の目的地はフィンより少し南にあります。

5月1日までの期間ですが、臨時駐車場もあり送迎バスがでています。

hujidana1-2

 

通常は下水処理場ですが ↓

hujidana1-4hujidana1-41

 

この日ばかりは違います ↓

hujidana1-23

 

そう・・・こちらでは藤棚の通り抜けができます(無料)。

いざ 店長と(笑) ↓

hujidana1-10

 

 

じゃ~ん!! ↓

hujidana1-18

 

凄いので~す ♪♪

hujidana1-12hujidana1-16

 

まだ初日なので満開ではありません ↓

hujidana1-9

 

が、このような可憐な花が、先まで咲いたら魅了されること間違いなし ↓

hujidana1-13

 

しかもウチワと ↓

hujidana1-19hujidana1-20

 

冊子までくださいます ↓

hujidana1-18-1

 

昨日4月27日でこのくらいの状況ですから 明日から咲き乱れそうです ↓

hujidana1-17

hujidana1-22

 

京都観光の際、足を延ばされてはいかがでしょうか?(5月1日まで一般公開中)

楽しみが減るといけないので藤の写真はこれぐらいにしておきますが、ここの藤棚 ワタクシほんと大満足でございます。

 

帰り道はバスに乗らず、せせらぎの道を通って帰るのも乙なもの ↓

hujidana1-42hujidana1-25

hujidana1-44

 

 

さて、本日は藤にあやかってバイオレットな方達をご紹介いたします。

ブラジルの河に咲く可憐な花?をご覧くださいませ ↓

 

① バイオレットタティア パルマス 4cm ¥12000  ブラジルのトカンチンス河上流パルマスの町近郊で採集されたレア種です。名前のとおり紫がかった体色に、細かい斑点が散りばめられており あれ?・・・に似ていますね。はい カンディル! 性質はタティアですがこれってカンディルに擬態してるのか? ↓

viorettatiapalmas001-1

viorettatiapalmas001-2viorettatiapalmas001-3

 

 

② バイオレットマーブルタティア パルマス 4cm ¥12000  こちらもブラジルのトカンチンス河上流パルマスの町近郊で1匹だけ採集された珍品です。こちらは濃い紫がかった体色に、うねった模様が体側に現れます。以前グリセウスタティアやイエロータイガータティアという名で入荷したレア種に似ていますが、どちらにせよ採集が極めて困難な産地なので見つけたときが買い時です ↓

vioretmarbletatiapalmas001-1

vioretmarbletatiapalmas001-2vioretmarbletatiapalmas001-3

 

 

③ プセウドタティア サンフランシスコ 4cm ¥24000  こちらはブラジルのサンフランシスコ河で1匹だけ採集された、暗くメタリックな紫の体色をした激珍タティアです。長年やってますが僕がみたの、この子で2匹目です。 ↓

pseudotatiapalva001-2

pseudotatiapalva001-3pseudotatiapalva001-1

 

ご覧いただきましてありがとうございます。

さあ明日からゴールデンウィーク。

京都観光の際は、くれぐれもお気をつけておこしください。

 

そうそう 藤の次はこちらツツジも見ごろを迎えます ↓

hujidana1-21

 

ではでは

店長 小林

 

せっかくなのでもう一枚 ↓

hujidana1-45

山の辺の道 Part2

こんばんは 小林です。

なんかぶらぶらしたいな~と思い立ち、久々に散策日記です。

春、GW前に歩いた奈良の山の辺の道

「 ここにしよう 」

この時期の京都はご存知のとおり人波に溺れそうになります。

ということで僕のお気に入りは奈良です。

 

さて 山の辺の道は、飛鳥地方と平城京を結ぶ日本最古の幹線道路で古事記万葉集ゆかりの寺社がつらなります。

その道はけっこう長いので3回にわけてハイキングすることにしていました。

今回はそのPart2、天理から長柄までを散策しました。

JR天理駅 → 石上神宮 → 内山永久寺跡 → 夜都伎神社 → JR長柄駅 までの7kmほどの行程です。

 

早起きして JRで奈良駅まできました。

いつも遷都くんがお出迎えしてくれはります ↓

yamanoe1-1

 

そこでJR万葉まほろば線に乗り換えて、天理駅から出発しました ↓

yamanoe1-2yamanoe1-3

 

先ずは天理本通のアーケード街へ向かいました。

まだ時間が早いせいか人の流れはぱらぱらです ↓

yamanoe1-4yamanoe1-8

 

奈良漬のお店があったり、柿、素麺などの奈良らしいお店が立ち並びます ↓

yamanoe1-9

 

さて 天理と言えば、天理ラーメン。

でもこのスタミナラーメンも有名! しかも車が店舗からはえている(笑)

う~ん・・・昼からスタミナつけるか~っ! ↓

yamanoe1-4-1

 

っておもったけれど、歩く最中のお腹が心配なので この日はお蕎麦をいただくことにしました。

カレー蕎麦南蛮定食!なにが南蛮なのかはわかりませんが、京都では考えられないボリュームでリーズナブルです。しかも美味い ↓

yamanoe1-5yamanoe1-6

もう秋ですが、壁のウナギのポスターが眩しい(笑)

とにかく満足満足! ご馳走様でした。

しかし結局のところ満腹になって歩けるか心配ですが・・・。

 

また天理と言えば天理教。見たことのない竜宮城のような建物がド~ンと建っていました ↓

yamanoe1-10

 

とても大きな社もありました ↓

yamanoe1-13yamanoe1-12

 

ここから少し行くと歩道の石にこんな文字。山の辺の道がそろそろ始まるようです ↓

yamanoe1-14

 

山の辺の道の出発点、石上神宮(いそのかみじんぐう)へと向かいました ↓

yamanoe1-15yamanoe1-16

 

途中の脇道にはこんなに綺麗な花が咲いていました。

なんか見たことあるような雰囲気してます。これトリカブトだったりして・・・ ↓

yamanoe1-17yamanoe1-18

 

さて昼食後なのでぼちぼち歩いていたら、石上神宮参道に到着しました ↓

yamanoe1-21

 

ここ石上神宮は日本最古の神社の一つで有名なパワースポットだそうで、国宝「七支刀」も伝承する ↓

yamanoe1-28

 

うん?

なんかコケコケと声がする・・・・

ここでは神の使いとされる鶏が、境内に放し飼いにされていて驚きました! ↓

yamanoe1-24yamanoe1-25

 

撮影されている方が多い場所がありいってみると、

お~! これは極美の雄でした。強そうなやつで一羽で悠々としています。

神様の使いなので 呼び捨てしてはアカンのかな。 ↓

yamanoe1-29

 

そして最古の神社らしい大木が、天に向かって聳え立っていました ↓

yamanoe1-27

 

けれどマメシダに覆われた木のほうが気になってしまう(笑) ↓

yamanoe1-26

 

さあて、ここからが山の辺の道の始まりですわ。

雰囲気いいでしょう? ↓

yamanoe1-30yamanoe1-31

 

しかも のっけから歌碑があるのだが 意味がわからない(泪) ↓

yamanoe1-32

 

のんびり歩いていきますが、またもや歌碑が・・・意味がわからない(涙) ↓

yamanoe1-33yamanoe1-35

 

山の辺の道は、ところどころにこのようなたて看板があって歩きやすいです ↓

yamanoe1-37yamanoe1-40

 

懐かしいカカシさん達です ↓

yamanoe1-41

 

おほほ これこれ。散策での楽しみの一つ。「無人君?」です。

今日は何が置かれてるのか、食いしん坊なのでドキドキします ↓

yamanoe1-42yamanoe1-43

 

その側には・・・「えっ これって獣道ちゃうか?」

大きな穴が草むらに続いていました。なにか大きな哺乳類でもいるのかどうなのか ↓

yamanoe1-44yamanoe1-45

 

また案山子さんの登場です。ネクタイ締めて、ほくろまであって、しかもハゲ・・・。

嫌いな課長か部長って感じで、ある意味リアルです(笑) ↓

yamanoe1-47

 

さて 今は池が残るだけの、内山永久寺跡にきました。

ここは後醍醐天皇も一時身を寄せたと伝わる大寺院跡 ↓

yamanoe1-48

 

そのお寺を詠んだ芭蕉の歌碑がひっそりと池のほとりに建っていました ↓

yamanoe1-46

 

この辺りを歩いていると、都会では見ないようなデッカイ蜘蛛をみつけました ↓

yamanoe1-49yamanoe1-50

 

だいぶ登りがきつくなってきて、カラダが温まってきました。

久々に歩いたので、だいぶ足がパンパン ↓

yamanoe1-53yamanoe1-51

 

登りきったら見晴らしが良かったです。けっこう登ったな~ ↓

yamanoe1-55

 

そろそろ峠の茶屋が見えてくるだろうと、歌碑にはもう目もくれず 先を急ぐことにします ↓

yamanoe1-54

 

しかし・・・・・・

「えらいこっちゃ!つぶれてるやん」 ↓

yamanoe1-56

休憩がてらここで粟餅食べる予定だったのに・・・・

あ~残念。仕方が無いけど。

恋人に逢える 伝説のあわもち・・・・あ~残念。

 

そんな折、ハイキングのおばさんの会話が聞こえてきた・・・・

「いや~良い10月桜やわ~」

「えっ!」 耳を澄ましておばさん話聞いてみると、どうも10月にこの辺りは桜が咲くらしい

ホンマかいな? ↓

yamanoe1-57

咲いてる(笑)

ホンマに咲いてましたわ~ ↓

yamanoe1-58

こんな近くにもあった!僕 ついてました ↓

yamanoe1-59

yamanoe1-61

yamanoe1-62

 

桜の木があることすら、咲いていることすら知らんかったので得した気分になる。

もう粟餅のことは忘れよう・・・・ ↓

yamanoe1-63

 

そして、この日は雲ひとつ無いので最高最高。

休憩できなかったけど、元気を取り戻しまた歩くことにします ↓

yamanoe1-65

 

チョウや野花も元気いっぱい ↓

yamanoe1-64yamanoe1-68

 

村のおばちゃんも元気いっぱい!

あかんあかんと思いつつ、秋の味覚をGetして荷物が増え始める ↓

yamanoe1-67

 

そのうちに夜都伎神社(やとぎじんじゃ)に到着しました。檜皮葺きが美しい ↓

yamanoe1-73yamanoe1-71

 

またもや歌碑がある。次は事前に何が書いてあるか調べてこようかな ↓

yamanoe1-72

 

その後、最後の無人君に遭遇 ↓

yamanoe1-75

こちらはなかなかの難敵でございました ↓

yamanoe1-74

こんなんまであるやん! ↓

yamanoe1-77yamanoe1-78

 

結局この日はこれだけ収穫できました ↓

yamanoe1-80

 

そして温かい秋空の中、の~んびり出来ました。 ↓

yamanoe1-79

 

そうそう帰りの万葉まほろば線は、大河「真田丸」でした。

あと少しなので寂しくなりますね・・・

yamanoe1-81

おわり

げんなりする暑さ

こんばんは 小林です。

ここ数日、京都はえらく暑い。

京都市は盆地で山に囲まれた市街地なので、暑さだけではなく蒸し蒸し してます。

 

ということで、観光の方が少ないと思い、ランチがてら宇治までドライブしました。

宇治といえば前回の散策で、夫婦そろって外人さんに間違われたり平等院が修理でみれなかったりと散々だったんです。

 

まず、早速ですが・・・ランチをいただきました ↓

Uji1

地鶏家心のKOKOROランチ、京赤地鶏のとり天と備長炭の焼き鳥美味かったです。

しかもリーズナブルで、多彩なおかずと ご飯のおかわりが自由で、1280円です。

 

さて、前回大修理で拝むことが出来なかった平等院鳳凰堂へ ↓

Uji2

 

変な置物がお出迎え!狛犬なのかタヌキさんなのか? ↓

Uji4

 

思ったとおり、暑さのせいか観光の方は疎らです。

雲がもう夏してますね~ ↓

Uji3

 

さて、車で15分ぐらいなのに一度も行くことがなかった藤原氏の平等院。

なかでも、極楽浄土の宮殿をモデルにした鳳凰堂はみなさん、ご存知のはず。

 

右からみても ↓

Uji6

 

左からみても ↓

Uji7-1

横見ではイマイチわかりませんが、これならお解かりかと思います。

 

ド~ン!!

Uji9

 

あれでございます。10円玉 ↓

Uji12

 

10円硬貨の表面にデザインされているのが、この平等院鳳凰堂です。

皆様ここで10円玉を出されて確かめられていました(笑)

 

屋根の上には鳳凰が。

Uji10Uji11

これはレプリカのようで、本物の国宝は鳳翔館に保存展示されています ↓

Uji11-2

 

さてこの鳳凰堂は50人程度にわかれて拝観できます(別料金ですが) ↓

Uji11-4Uji11-5

こんな陽気な雲中供養菩薩像が52体あり(半分は鳳翔館で展示)

国宝、阿弥陀如来坐像がやさしい顔で迎えてくださります ↓

Uji11-1

 

さて、この阿弥陀如来様の浄土教で気になったことが一つ・・・。

歳をとってお迎えが来るとき、生前の行いによって、極楽浄土に生まれ変わるとき、九つのパターンがあるらしくて、

お迎えのときに九つの一番下のパターン、下品下生(げぼんげしょう)だったらどうしよう・・・

特に迎えのものは来なくて、乗り物もショボイらしい・・・

こんなハスだけのお迎えもあるようです ↓

Uji13

 

「日々の行いを改めてみるとするか。」

 

そんな事を考えながら帰路に着きました。

Uji16

 

小林 圭